マイhome【注文住宅でも相応のリフォームサービスが選べる】

寒い地域の住宅の建て方

家

断熱性能が高い製品を選ぶ

富山で注文住宅を建てる場合は、断熱性能の高い建材や設備を使用して建てる事で、冬の寒さを防ぐ事が可能です。富山では冬に日本海からの寒気によって寒い時期が続くため、注文住宅を建てる際にも、冬に寒くないような対策をする事が肝心です。富山は雪が沢山降る地域も多いため、雪の降る量によっても注文住宅の作り方を工夫する事が必要です。玄関が雪で埋もれてしまうような地域では、玄関を二重玄関にする事によって、雪が玄関に入ってくる事を防ぐ事が重要です。また水道管を外に配管すると冬場に凍結して使用できなくなる事が多いため、富山で注文住宅を建てる際には注意が必要です。給湯器を設置する場所からお風呂やキッチンまでの距離も、短いような間取りにすると熱効率が良いです。

暖房を考えて住宅を建てる

注文住宅であれば取り付ける窓も自分の希望通りにする事ができるため、富山で注文住宅を建てる場合は、性能の良い窓を取り付ける事が大切です。ガラスはペアガラスにする事で断熱性能を高める事ができますし、更に二重窓にする事で寒い季節でも快適に部屋で過ごす事が可能です。サッシも性能の良い製品を選ぶ事が重要で、樹脂製のサッシやアルミと樹脂の複合材で作られたサッシを取り付ける事によって、サッシに結露が発生する事がなくなりカビを防ぐ事ができます。富山では暖房も大切で、暖房の種類によっては住宅を建てる際に取り付けておく必要があるため、注文住宅を建てる際には最初に考えておく事が大切です。床暖房やガス暖房器具を使用する際には、最初に設置や配管をしておく事が重要です。

Copyright© 2017 マイhome【注文住宅でも相応のリフォームサービスが選べる】 All Rights Reserved.